Semplice~せんぷりちぇ~

素朴に、シンプルに、丁寧に。満足な毎日の暮らし。その人生観。

一年間で捨てたものあれこれ

一年間でかなりの量を捨てました。

 

 今年一年間で、屋根裏収納、クローゼット、たんす、本棚などに放置されている不要なものを捨て、今使う必要なものだけ身の回りに置くようにしました。随分、身の回りがすっきりしました。

 

 そこで、一年間でどんなものを捨てたのか、何が自分には不要だったのか、振り返ってみました。

 

f:id:sumibo:20151225151322j:plain

 

 一年間で捨てたものは…

 

  • 屋根裏収納に「とりあえず」保管していたもの

  賃貸時代のガスコンロ、スチールハンガーラック、食器乾燥機、カーテン

       古いプラレールのセット(買い物かごサイズ3杯分)、その他おもちゃ類

  使わない食器

  ぬいぐるみ(福祉団体に寄付)

 

  これらは、もったいなくて捨てられない状態だったのですが、ぜったに使わない

  物なので潔く捨てました。

  

  • クローゼット、タンスの中の大量の服

  いただき物で、手持ち服に合わないもの、好みが合わないもの

  衝動買いで結局着なかった服

 

  頂き物に関しては、感謝の気持ちを持ちつつ、リサイクルショップに売ったり、

  処分したりしました。衝動買いの服は潔く捨てました。お気に入りで、手持ち服

  同士で着回しの利く、お気に入りの物だけ残しました。手元に残ったのは、元の

  2割ほどです。

 

  • 本棚の読まない本

   資格取得用に主人が買った本や地図など。もう必要ないので捨てました。

 

  • 食器棚の食器

   そろっていないもの、使いにくいもの、使っていないものはすべて捨て、日常

   的に使うものだけ残しました。

 

 

  捨てたものは、細かいものまで入れるとまだまだあるのですが、きりがないので目に見えてすっきりしたもののみ挙げました。

 

 「なくても大丈夫だろうか」とか「捨てた後必要になったらどうしよう」など、不安になることもありましたが、捨ててしまえば意外になくても大丈夫ですね。

 

 物を買う際にも、「本当に必要かどうか」見極めて買うようになったので、家の中に不要なものが溜まることが無くなりました。

 

 一年間ですっきりさせたシンプルな空間で、新しい年を迎える準備をしています。

  

 

 

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 

soulberry〜ソウルベリー〜

 

 

 

広告を非表示にする